コラム

デザイナーズマンションとは

2014/04/01

デザイナーズマンションは、1990年代頃から建築家(建物の設計者)が個性的に、コンセプトや拘りを総括的に打ち出した賃貸住宅の通称としてデザイナーズマンションという呼称が徐々に用いられるようになったと言われています。建築家やデザイナーの独創的なデザイナーズマンションは、こだわりが存分に活かされた空間を演出し、外観だけだはなく内装もとても個性的です。デザイナーズ賃貸マンションの持つコンセプトとライフスタイルが合致すれば、一般の賃貸マンションでは、実現できなかった自分だけの特別なオリジナリティ溢れる生活空間を作ることも可能で、快適に私生活をおくるだけでなく、自信の個性や感性を、ライフスタイルに追及できるお部屋が、デザイナーズマンションとも言えるでしょう。

個性的なコンセプトや斬新さや遊び心、気品や伝統と近代の共存共栄などあらゆる視点によって独創的な空間が、デザイナーズマンションには存在します。デザイナーズマンションと聞くと良く連想されるのが、コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュなデザイナーズですが、他にもバス・トイレがガラス張りのスケルトンバスなデザイナーズやキッチンが部屋の真ん中にあるアイランドキッチンのデザイナーズや独創的な間取りスキップフロアーのデザイナーズ、又は床が、開放感と清潔感あふれる白いタイル張りのデザイナーズや床がウッドデッキなモダンなスタイルのデザイナーズ等、建築家やデザイナーのコンセプトが存分に反映されています。

デザイナーズマンションと一言で言っても、厳密にはデザイナーズマンションの定義があるわけではありません。建築におけるデザインを定義したりその価値を評価したりすることはとても難しいですが、デザインは奇抜な意匠や表層的な見栄えや豪華な設備の事と必ずしも同義では無いように考えます。デザイナーズマンションとは、住む人々の心を和ませ且つ、幸せな気持ちにさせるように、建築家やデザイナーがデザインすることを目指した結果生に生まれた言葉ではないでしょうか。

また、近年ではリノベーション(既に存在する建物の大規模な改修工事を行い、内装や設備のやり替えで機能を向上させ価値を高めたりすること)物件のデザイナーズマンションも主流となってきております。

現在の大阪では、特に梅田や堀江、京町堀、なんば、心斎橋にデザイナーズマンションの賃貸物件が数多く存在しております。